Jw_cad解説:線の太さや色を変える、垂直・平行線や属性変更、補助線について

jw_cad線の編集 jw_cad


jw_cadの図面作成で作業量が一番多いのは、線を描くこと。

こんな悩みはありませんか?

  • 線の太さを変えたい
  • 線の設定を変更したのに印刷したら変わってない
  • 垂直平行な線を描きたい
  • 線のコピーをしたい


今回は線を描くうえで役立つ、上記の編集方法を取り上げます。



線の色を変える(印刷の線も変更)

線の色は、線色の選択ボタンをクリックすると、

線色1~線色8のなかから選択することができます。


でも、この線色1~8以外の色で、線を描きたい場合もあると思います。

また、画面上に表示される線色と、印刷したときの色が違う

そんなときの対処法も合わせて説明します。


では、線色の登録を変えてみましょう。

設定(S)→ 基本設定 → 色・画面 を選択。

線色ボタンは、2つの要素に分かれているので、それぞれ設定

  1. 画面要素」 = 画面に表示される線色を変える
  2. プリンター出力要素」= 印刷時に表示される線色を変えたいとき


それぞれ変えたい線色のボタンをクリック。すると、色を選ぶ画面に変わります。

( 既に選択されている色が現在の線色です。 )


使用したい色をクリックして選択 → 色の追加(A)をクリックします。

OK ボタンをクリックして閉じます。


通常画面に戻って、線色の選択ボタンをクリックすると、

自分が選択した線色に変わっているので、そちらを選びます。


線の太さを変える (印刷の線も変更)

  • 表示される線が太すぎる
  • 印刷したときの線が細すぎる

など線の太さを調整したいときがあります。


その場合の設定も、線色と同じ場所で変えられます。


設定(S)→ 基本設定 → 色・画面 を選択。

線の太さは、線幅の数字で変えることができます。


  • 線幅の数字を大きくすると太く
  • 線幅の数字を小さくすると細く

なります。


画面に表示される線の太さと、印刷時の線の太さが違う

というときには、線色と同じように

  1. 画面要素
  2. プリンター出力要素

の設定を併せて変えることで、調整できます。



どのくらいの数字にすると、どのくらいの太さ/細さになるのか、は

やりながら感覚的にわかるようになってきます。

慣れないうちは、変更前の線幅を参考にすると設定しやすいです。


属性変更:線を別の色に修正したいとき

既にたくさん線を描いた後に、

その線色や太さを変えたくなること、ありますよね。

消して描き直すのは、勿体ない…

そんなときに使って頂きたいのが、属変 という機能。

これを使うと、クリック1つ線の色や太さを変更できるんです!


手順は下記になります。

  1. 線色の選択ボタンから、変更したい線色(線の太さ)を選択します。
  2. 属変 ボタンをクリック。
  3. 線色を変更したい線を左クリックします。(クリックは1回)
  4. クリックした線の色や太さが変わります。



複線:描いた線と平行に描く

今描いた線と同じ傾きの線を、

  • コピーして増やしたい
  • ずらして別の位置に配置したい

というときがあると思います。


その場合には、複線ボタン を使います。

複線は、選択した線を複写して、指定の位置に置くことができる機能。


手順

  1. 複線 ボタンをクリック。
  2. 複写したい線を選択(左で1回クリック)。→選択されると線色が変わります
  3. 左上の「複線間隔」に数字をいれます。ミリ単位どのくらい離れた場所に配置するか、を指定できます。
  4. 指定された間隔の位置に線が現れます


線を配置する方向について

  • 自分が配置したい方向のときは、左クリック
  • 配置したい方向と反対のときは、カーソルを配置したい方向に動かすと線が動きます。



平行な線、垂直な線を描きたい

平行な線や垂直な線を描くには、

線( / )のボタンをクリックした状態で、

左上に表示される「水平・垂直」のところにチェックを入れます。

平行な線を描きたいときは、始点をクリック(左)し、カーソルをに動かします。


垂直な線を描きたいときは、始点をクリック(左)し、カーソルをに動かします。



印刷されない補助線の活用方法

線色を選択するところに補助線があります。

補助線は、画面上は表示された色で確認できますが、印刷されません


印刷時に非表示の線は、このようなときに便利。

  • 文字を真っ直ぐに配置したいとき、平行な補助線を描き、その線に沿って配置
  • 枠を設けずに範囲外の線を消したいときに、補助線で範囲線を作成し伸縮対応


「伸縮」の機能については、

Jw-cadで公図写しを作る方法② レイヤの設定と線の編集(コーナー処理・伸縮)

をご覧ください。


最後に

今回は、以前書いた公図写し作成方法の補足になればと思って書きました。

自分が作成してきた公図写しは

  1. 今回取り上げた機能
  2. コーナー処理
  3. 伸縮処理
  4. 線の消去

のみで線を描きあげています。


2~4の機能についても、

Jw-cadで公図写しを作る方法② レイヤの設定と線の編集(コーナー処理・伸縮)

でまとめています。


どんなときに、どの機能を使うと便利かについては、

経験を重ねていくことで自然にわかってきます。

ぜひ色々な操作や設定を試してみて、業務効率化に活かしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました