【耕作管理証明書とは】何に使う?取得方法や費用、3条申請のとき注意すること

耕作管理証明書 農地転用

主に農地法3条申請で必要になる耕作管理証明書。

その内容や使いみち、取得方法や費用など、

耕作管理証明書の用意に困らない、基本情報をまとめました。


耕作管理証明書って何?

畑・田んぼを耕す人のイラスト

耕作管理証明書は、下記について証明する書類。

  • 所有者が保有する農地面積
  • その作付内容面積内訳
  • 貸し付けている農地、借りている農地があればその内容


農業委員会が保有する、農家台帳の情報をもとに作成されます。


どんなときに使うの?

主に3条申請書の作成のために使います。


3条 申請書、「譲受人/賃借人の農地保有状況の内容は、

この耕作管理証明書の内容と一致させなくてはいけません。

結果、申請書作成のために、この証明書の取得が必要に。


そのほか、農家住宅(分家住宅)を建てる場合に、

市によって、また申請内容によって、必要になることも。


取得する方法

市役所のイラスト

取得の流れは

  1. 農業委員会へ交付申請書を提出
  2. 耕作管理証明書が発行されると、連絡がくる
  3. 農業委員会へ耕作管理証明書を取りにいく


申請先の農業委員会へ、耕作管理証明書の交付申請書を提出すると、発行できます。

本人に限らず、委任があれば行政書士でも代理取得は可能。


交付申請書の様式

各市町村の農林課(農業委員会)ホームページからダウンロードできる場合は、それを使用。

様式が公開されていない場合は、様式を窓口で確認します。

当日に発行されることは無く、

証明書が発行されると連絡がくるので取りに行きます。


行政書士の代理取得が一般的?

行政書士のバッジのイラスト

交付申請書の様式は市によって違います。

行政書士に委任する旨を記載できる交付申請書もあれば、

耕作管理証明書を代理取得するための委任状が必要なところも。


この証明書は3条申請をしない限り、あまり見ない書類。

耕作者本人に取得してもらうのは難しく、行政書士による(代理)取得が多いでしょう。

そのほうが早く入手でき、効率的です。


発行にかかる費用(手数料や行政書士の報酬)

現金のイラスト

費用は、農業委員会へ支払う発行手数料300円ほど。

発行先によって金額は違うでしょうが、

ホームページなど見ても、300円とする市が多いです。


自分の勤務した行政書士事務所は、この取得に報酬はとりません

証明書の取得は、農地法3条申請の業務の一つとする考えです。


※耕作管理証明書の取得に報酬をとる事務所もあるかもです。

その場合の報酬は、数千円程度ではないかと。

1万円以上するなら、依頼主さん自身で取ることをおすすめします。

そんなに手間も時間もかかりません。


発行にかかる時間

壁掛けカレンダーのイラスト

耕作管理証明書の発行には、(交付申請書を提出してから)

およそ3日~1週間程度かかります。


※申請先によっては、もう少しかかるかも?

窓口で申請するときにどのくらいかかりそうか、確認しましょう。


3条申請書の作成は、その期間も逆算して準備を始めてくださいね。


注意点:「市」単位の落とし穴

落とし穴に落ちる人のイラスト

耕作管理証明書は「市町村単位」で発行されます。


つまり、耕作者が2つ以上の市町村において農地を保有しているとき、

耕作管理証明書に記載の面積 ≠ 耕作者の総保有農地 

であることに注意。


総保有農地を把握するためには、

  1. 農地保有先すべての市町村で、耕作管理証明書を取得
  2. それぞれの耕作証明書の面積を合算する

※この場合も、3条申請の「農地保有状況は、申請先の農地保有状況のみを記載。


まとめ

耕作管理証明書について解説しました。

内容を整理すると、


耕作管理証明書とは

  • 耕作者の農地について、保有状況を証明する書類
  • 主に3条申請で使用


取得について

  • 発行には3~1週間程度
  • 費用は手数料300円
  • 代理取得が一般的


注意点

  • 「各市町村」単位なので、農地の総保有面積ではない
  • 総保有面積を知るには、保有する「市町村」すべての証明書を合算


上記ポイントを抑えて、3条許可申請の業務効率化に生かしてください。


関連記事

農地法【3条】申請書の書き方を解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました