jw_cadを使った求積表の作り方

求積表 jw_cad

図や、図の一部の面積を出したいとき。
jw_cadを使うと、求積や求積表が簡単に、すぐできます。


この記事では、初めてjw_cadで求積をする人へ

画像を用いてわかりやすく解説していきます。

早速みていきましょう!


求積表作成の流れ

求積表を作成する過程は、下記のようにシンプルです。

  1. 準備段階:求積部分に線を足し、複数の三角形で分けた状態にする
  2. 計算実行:三斜面積計算を指示
  3. 完成:自動で計算され、求積表が表示

1と2については、各章で具体的に解説していきます。


先に、3の完成した求積表を掲載しておきます。

最終的にこんな感じのものを、作っていくイメージ。



準備段階:求積部分を複数の三角形に分ける

上の図の求積を実際にやっていきます。


まず、求積したい部分だけの図形にします。

求積したい部分を公図写などから複写しているときは、周囲の線をすべて削除。

その処理をすると、こうなります↓



求積する図形を、いくつかの三角形で構成されるように

必要な線を書き足します。下記のような感じで。


書き足した線とわかるように、点線など線種を分けておくといいと思います。

今回は、見やすいように、青色の点線にしています。


なぜ、三角形に分けるのか?

それは、三斜面積計算という方法を使って機械計算するから。

指定された範囲にある三角形を拾って、

それぞれの三角形を 底辺×高さ÷2の計算 で面積を算出するやり方です。


求積表にまとめられる情報は、各三角形の面積と総合計です。


計算実行:三斜面積計算を指示する

求積部分を三角形に分けられたら、計算を実行します。

jw_cadの上部にあるバー「その他(A)」→「外部変形(G)」をクリック。


JWW_SMPL.BAT」を選択(ダブルクリック)します。

右横の「メモ」が、「三斜面積計算」になっている項目です。


すると、下記の表記が出てきます。

  • (画面左上):【三斜計算】三角形を選択(三角形の辺200まで)
  • (画面左下):範囲選択の始点をマウス(L)で、連続線をマウス(R)で指示してください。


その状態で、求積したい図形を囲います。

図形がきちんと選択されていると、下のように図形の線色が変わります

選択ができたら、画面上の「選択確定」ボタンをクリック。


画面左上に「数値書き込み位置指示(L)Free(R)Read」と表示が出るので、

下記のあたりを左クリック。

これは、求積表を表示させる位置を指定しているので、

図形近くの適当な場所を指定しておきます。(後から移動できます。)


上の図のように左クリックすると、また画面左上のあたりにメッセージが出るので

さきほどと同じ場所のあたりを左クリックします。


メッセージは下記の内容4つです。それぞれ表示されますが

すべて同じあたりの場所を左クリック、でOK。


上記のメッセージに対し、すべて左クリックで対応したら、その場所に求積表が表示されます。


少し補足:上記のメッセージに左クリックすることで「無指定」になります。

  • 表示させるレイヤを指定したい
  • 敷地面積の数字について、小数点以下の桁数を変えたい(無指定は小数点第二位まで)

などのときは、メッセージ横のバーに指定したい数字を入力します。


計算を指示しても、うまく実行されないとき

求積が実行されない原因のほとんどは、

レイヤが違っていて指定範囲に図形が無い、というエラーだと思います。


求積を実行しているレイヤに、求積したい図形が書き込まれているか

確認しましょう。

詳しい説明と対処法については、こちらにまとめています。

jw_cad 求積(三斜計算)がうまくできないときの対処法

フルカラーテキストの測量士補講座



コメント

タイトルとURLをコピーしました