事業用駐車場への転用、必要性に説得力を持たせる理由の作り方

事業用駐車場の転用、説得力を持たせる理由の作り方 応用編

事業用駐車場の目的で転用する依頼は多いですが、その審査はだんだん厳しくなる傾向にあります。

その詳細は、

事業用駐車場への転用が、他の目的よりも審査が厳しい理由と背景」の記事でまとめています。


厳しい審査を突破するためには、農業委員会が納得するような転用の必要性や理由を提示。

申請内容に説得力を持たせる必要があります。


直球で必要性を事業者に確認するのもいいですが、申請上の理由にならない答えが返ってくることも多い…。


どのように事業用駐車場の転用許可を取得していたか。自分の実体験を2つ紹介します。


社員寮の駐車場、増設の件

寮の駐車場は部屋数分の駐車台数が、既に確保されています。


追加が必要な理由を、仲介業者に確認すると

「詳しいことはわからない。とにかく増やしたいと言ってるんだから必要なのは確かだ」との返答...。


農地法申請上、「すでに寮生分の駐車場があるのに増設する必要性」について、

納得できる説明を自分で考えることにしました。


実際に寮の駐車場を見に行くと

一人暮らし用の部屋であるのは間違いなく、部屋数分の駐車場はありました。

でも、気になる点もありました。

バイク置場が無く、駐車場の区画に停めている。何か所か、そんな光景がありました。

また自転車置き場には自転車がいっぱいでした。


実地から得た情報を理由づけに活かす

実地観察をふまえて、増設の必要性をこのように説明することにしました。

  1. 駐車場をバイク置場として利用する人が、車も持つことになり、もう一区画必要との要望が〇件くらいある。
  2. 既にいっぱいになっている駐輪場に、自転車が置けずに困っているという声がある。実際、駐輪場に停められずに玄関前に置いている自転車が〇台以上ある。
  3. 寮の管理車両や、寮生の家族・友人や客人が来たときに駐車するスペースが無く、来客用駐車場の要望が多い

これらの事情を申請書の理由や、事業計画概要書に書き込みます。


具体的な数字があるとより説得力があります。

現地確認した際に

  • 駐車場にバイクを停めているケースが何件あるか
  • 玄関に自転車を置いているケースが何件あるか

について確認し、その情報を反映させます。

この方法で、何とか許可を得ることができました。


従業員駐車場、移設の件

従業員駐車場として今まで賃貸していた土地の契約が終了し、

新しく農地を従業員駐車場として使用することになりました。


以前の土地よりもその農地は小さく、その隣接の農地も所有者は同じでした。

農地所有者としては、2筆とも買ってほしいと交渉しましたが、

会社の社長は1筆のみの購入を希望です。


この状況で農地法申請をするために悩んだのは、

以前の駐車場より面積が小さくなるのに、駐車区画に不足が無いこと

についての説明でした。


実際、10台分くらいの駐車面積が縮小されることになるからです。
しかも、従業員名簿を提出するため、従業員が減ったという理由は不可です。



社長に会いに行く

従業員を減らさずに駐車台数を減らすヒントが欲しくて、

仲介業者の了承を得て、挨拶も兼ね、押印書類を直接社長へ届けに行きました。


わかったのは、

  • 購入費や固定資産税を考え、1筆のみの購入を希望していること
  • 製造の作業員が多いこと
  • 工場の敷地内にも、数台なら車両を停められそうだということ

です。


ネットで会社の求人を探す

さらにもう少し情報が欲しくて、ネットで、その会社の求人が無いか探してみました。

すると、現場作業員の求人があり、

  • 勤務体制が交代制であること
  • 3交代制と2交代制の両方があること

がわかりました。


駐車場の兼用、入れ替え時間について詳しく記載

情報収集により勤務時間にバラつきがあることを知り、

一つの区画を勤務時間が異なる従業員が併用できる、と考えました。


申請時にそれを説明・納得させるため、

併用時間や併用する区画数を配置図に記載することにしました。

それぞれの入出庫時間と台数を割り出します。

  • 3交代制の車
  • 2交代制の車
  • 事務職員の車


一番車が多いとき、また、兼用できる時間帯と台数を考えます。

そして、兼用する区画について、

〇時~〇時の勤務者が利用した後、〇時~〇時の勤務者が利用

と記載しておきます。


従業員が増員した場合について追及される可能性を考え

工場敷地内のスペースで対応する、という返答を用意しました。

この方法で、審査で特に追及を受けることなく許可を得ることができました。


転用の必要性を考えてもわからないときは

自分の経験したケースもそうでしたが、

机の上で悩んでいても、なかなか理由付けが浮かばないことも多いです。


そんなとき、試して頂きたいのは、

事業・実態の内容や事業者のことを調べる ということです。


店舗や工場に出向き、外から観察するだけでもヒントがあったりします。


押印書類を届けるなど自然な理由で、社長や事務担当者に会ったり、

中の様子を見るのもいいです。


会社のホームページが無いときは、

求人情報を探してみると仕事の内容や雰囲気がわかりします。


そうやって、できる限り情報を集めるアプローチをしてみると、

  • こんな事情があるのではないか
  • このような理由づけもアリかもしれない

など、推測や想像ができるようになってくるはずです。


そこまでしても、どうしてもわからないときは

必要性について、仲介業者にも協力を依頼することもあります。


事業者や仲介業者に、理由づけを頼む場合にも、

「これだけ調べて考えましたが、どうしても今回は難しいです」

と努力したことを伝えられたら、より理解や協力が得やすいです。


もし、転用計画についての説得方法で悩んでいる人は、

今回の記事で紹介したアプローチを実践してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました