申請書類のなかで、委任状を一番先に作成すべき理由

申請書類のなかで、委任状を一番最初に作成すべき理由 応用編

自分が農地転用の手続き依頼を受けたら、まず最初に委任状を完成させます。

下記の2つがその理由です。

  • 仲介業者からの要請
  • 回収までの時間を逆算して余裕をもたせたい


委任状はどんな流れで手配~回収されるのか、また委任状と仲介業者との関係性について解説します。


委任状の取り扱いに苦労されている方はぜひ参考に読んでみてください。


既に実績を積まれている方についても、共感頂ける点があると思いますのでよかったら読んでみてください。


委任状の押印をもらいにいくのは、行政書士ではない

農地法の委任状へ押印をもらいに行くのは、行政書士ではなく仲介をする不動産会社や測量事務所です。


人は「土地を売りたい」または「買いたい」という目的があって、不動産会社や測量事務所に訪れるのが始まりだからです。


商談が進み、いざ契約となった時点で農地転用手続きの必要性が認識されることとなります。

そこで不動産会社が提携する行政書士事務所へ農転手続きを手配する、という流れが自然です。


仲介による手続きについて、顧客とのやり取りはすべて仲介業者が担当するものです。

行政書士が顧客に直接会うことはめったにありません

農転依頼の受付~委任状に押印をもらうまでの流れ

一般的な流れは下記のようになっています。

  1. 行政書士が委任状を作成→不動産会社や測量事務所へ渡す
  2. 不動産会社や測量事務所の担当者→申請人に押印をもらいに行く
  3. 行政書士→不動産会社や測量事務所から委任状を回収

自分の事務所でもこほぼこのスタイルでした。


委任状に対する、仲介業者の要請

農地法の委任状は、不動産会社や測量事務所にとっては多くの必要書類のうちの1枚。

委任状の押印は、自分たちの本業に関する書類をもらう「ついで」です。


早く委任状を入手しておけばスケジュールに柔軟に対応できるので、委任状の準備について行政書士に催促をします。


自分の勤務先事務所では、農地法の依頼を受けたらその日のうちに委任状を作成しメールで送るのが慣例でした。


仲介業者がいないと農地転用の依頼を受けるチャンスは少ないので、

行政書士事務所にとっては、仲介業者も依頼人(申請人)と同じくお客様です。


継続的に依頼をくれるという意味では、むしろ依頼人よりも大切なお得意様ともいえるので、仲介業者のニーズに応える努力は大事です。


回収までの時間を逆算して余裕をもたせたい

委任状について、申請人の押印を回収する作業には時間がかかります

申請人が複数人いる場合は殊更です。


申請人が多いときの対処や実態についての詳細は

委任状作成 申請人や申請地が多いときの3つの対処法

にまとめていますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。


申請人へ対しては、委任状の押印と併せて

  • 住民票の取得(頼まれれば代理取得します)
  • 資金証明書

などの用意も依頼しています。


申請人は必要書類がすべて揃った段階で、まとめて仲介業者へ届けようとします

発行に時間がかかる融資証明に合わせると、書類の提出は締め切りギリギリになることが多いです。


それを想定したうえで、融資の手続きも含め早く準備にとりかかってもらいたいという意図から、

早期に委任状と必要書類の案内をしておくことは、戦略の一つなのです。


農地法申請で、委任状の後日提出は可能か

実は資金証明書や住民票などは、申請締め切り日に間に合わなくても後日の提出でOKにしてくれる場合が多いです。


しかし委任状が申請書に添付されていないと、本当に申請人がその行政書士に依頼をしているのかが確認できません


委任状無しで代理申請者が農地法申請をしても、受付をしてもらえないです。

農業委員会事務局との信頼関係が厚く、特段の事情がある場合には大目にみてもらえる場合もあるのかもしれませんが、

自分は300件以上の農地法申請において、委任状が無い状態で申請をしたことは一度もありません。


それほどに、委任状は締め切りに絶対に間に合わせる必要があるのです。


仲介業者や依頼人にも協力を仰ぎながら、委任状は出来るだけ早く手配し、確実に回収できるよう、

スケジュール管理やアプローチの工夫が本当に大切です。


農地法申請において、どのような手順で書類作成していくべきか迷っている方は、

ぜひ最初に委任状の用意から始めてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました