【浄化槽の放流先がない?】排水できないケースや、それを事前に知る方法

浄化槽の放流先 農地転用

今回は、下水が整備されていない区域の話。

生活排水は、浄化槽を使って周囲の水路(側溝)に排水することになります。


水路には、浄化槽の排水ができる水路と、できない水路があることを知っていますか?


法的な根拠や基準の話ではありません。

地域の取り決めや近隣住民の反応が、大きく影響します。


そんなことが?思う人もいるかもですが
実際に排水ができずに転用を断念したケースも。


どんな場合に排水ができないのか、

排水できない水路の確認方法についてお伝えします。


農業で取水となる水路は、排水不可

たんぼのイラスト

水田が広がる場所には、水を取り込む水路があります。

農地への取水用の水路は、排水できないケースが多いです。


それは、生活排水が流れ込んで水質が変わり耕作に影響が出ることを心配しているから。


水路を利用する農家や、近隣住民などが、

「この水路は取水用だから、排水は不可にしよう」と取り決めをします。

取り決めといっても正式な規約はなく、慣習的なもの。


水路下降の住人から抗議、転用をあきらめた事例

バツマークを出している女性のイラスト

排水先地点から、800メートルほど下った水路に近い住民が

排水に反対してきたことも。


その案件は、結果的に住宅を建てるのを断念しました。

隣地の反対は無く、農地法手続きも済んでいましたが...。


昔から住んでいる住民は、その水路に生活排水を流しているのに。

排水に反対する理由は、はっきりしませんでした。


反対を押し切って、浄化槽の排水をしても法的な問題はありません。

周りを無視して家を建ててしまうことも可能。

ですが、近隣トラブルになることも考え、断念する人もいるのです。


浄化槽の水は、そんなにも水質を変えるのか?

浄化槽の水質検査のイラスト

そもそも、汚水を浄化し、放流できるようにするのが浄化槽。

適切な設置と管理をしていれば、基本的には水質に影響は無いと考えられています。


※詳細については一般社団法人 全国浄化槽団体連合会サイトを参照

浄化槽ってなに?
この法人は、水環境の保全に大きな役割を果たし、公共施設として経済・財政の効率化に資する浄化槽の整備促進のため、浄化槽の普及・啓発を図るとともに、浄化槽業界の健全な発展を図り、もって国民の生活環境の保全 及び公衆衛生の向上に寄与することを目的とする。


国内の浄化槽は、下記のチェックを経て設置されます。

  • その構造や容量などについて、国土交通省の認定を受ける
  • 新築する際に、建築確認申請で浄化槽の仕様について確認あり
  • 浄化槽法で保守点検や定期検査が義務付け

詳細については、環境省 浄化槽サイトより

環境省【浄化槽サイト】浄化槽Q&A(回答集)
浄化槽に関するさまざまな話題や情報、普及...


点検や検査を行ったうえで正しい使用をすれば、水質に影響はないけれど

違反や不適切な管理があれば、水質に影響する可能性も…。


排水の可否には、明確な基準がない

浄化槽の排水を流していい水路と、ダメな水路について

明確な法的基準はありません


建設管理課や農林課に「排水可能か」尋ねても、はっきりした答えは返ってきません。

たいていは、

「こちらで決めることでは無いので。問題にならないよう近隣の方に確認してください」

と言われます。


排水できない水路の確認方法

真剣な顔で地図を見ている家族のイラスト

明確な法的基準がないと言われても、排水できないなら事前に知っておきたいもの。

排水不可とわかっていれば、

土地の契約や転用申請など、無駄な支出と時間をかけずに済みます。


100%正確では無いですが、目安となる確認方法が2つ。

  1. 農地の取水になっているか現地確認
  2. 自治会長に聞く


1つずつ具体的に解説します。


現地確認で、水田の取水状況を見る

田舎の村のイラスト(過疎)

そこそこ連なる田に流れる水路については、取水しているか確認。

水路幅が通常の側溝よりも広いと、取水用の可能性が高いです。


季節的に水が少なく、取水しているかわからない場合もあります。

そのときは、自治会長に聞いてみましょう。


自治会長に確認する

立ち話をする人のイラスト(男性会社員)

「転用計画があり、生活排水をこの水路に流して問題ないですか?

とストレートに聞いてみましょう。


下記について、ご存知の自治会長が多いです。

  • 農業の取水として使われているかどうか
  • 排水不可の取り決めがあるか


ただ、自治会長でも予測できないのは、住民の一部が個人的に猛反発するケース。

これは、事前に知り得ないのでどうしようもありません…

日頃から反対している人を知っていれば、教えてくれるはず。


実際に自治会長に聞いてみた

自分も申請案件について、自治会長に聞きに行ったことがあります。


現地確認の際、排水先が農業用水路だと気づいたから。

この水路に排水できないんじゃないか...?という予感は的中。

「ここは取水として使っているから、生活排水は流さないことに決まっている」

と明確な返答をもらいました。


結果的にその案件は、ポンプアップして別の水路に排水することに。

コストはかかりましたが、計画は実行されました。


排水は計画そのものを左右する

用水路のイラスト

浄化槽に限らず、排水は農地転用の審査で重要なポイント。


適切な排水ができないと、農地への影響や近隣トラブルにつながるためです。

  • 雨水が溢れて隣地へ流れた → 近隣トラブル
  • 水路が濁った → 農地への影響


排水問題は、計画そのものを左右するほど大きな要素です。


申請地が浄化槽の排水であるときは、特に注意が必要。

面倒でも、排水予定の水路は排水可能か、

確認や情報収集をしておきましょう。


確認を怠ると、もっと面倒なトラブルに見舞われる可能性も。

排水先を確認する方法は「排水先の確認方法」でまとめています。

申請案件の排水先がよくわからない、というときに参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました