【太陽光発電の農地転用】事業計画書の書き方

【太陽光発電の農地転用】事業計画書の書き方 農地転用

太陽光発電目的での転用は、農業委員会の審査がとても厳しいです。

審査が厳しいというのは、ほかの事業と比べて、

  • 必要書類が多い
  • 事業計画書に記載すべき事項が多い

という点にあります。


ハードル高めな太陽光発電。転用許可をとるためには、

審査で納得される事業計画書を作成することが重要。

書き方を具体的に説明します。


事業計画書の記載例

PDCAサイクルのイラスト

太陽光発電の審査が厳しい申請先で、自分が書いていた事業計画書を掲載します。

様式は違うときもありますが、内容はいつもこんな感じです。


赤字で書いた部分が、農業委員会にアピールする重要ポイント。

具体的には次章で解説します。

使えそうな部分があればコピペして使ってください。


近隣トラブルを防げるかどうかを重視

クレーマーのイラスト(女性)

農業委員会が一番嫌がるのは、転用後に近隣住民からクレームを受けること

トラブルが起きて対処するのは、大変だし面倒だから。


太陽光発電は、近隣住民からの苦情が相次ぎます。

そのため事前に防止策を講じているか、徹底的に審査します。

そこで、

これだけ対策しているから、問題は起きないだろう

と思わせる事業計画書を作る。

農業委員会に安心&納得してもらうことが、許可への近道なのです。


具体的に想定されるトラブルを挙げます。

  • 周辺農地へ雨水が流出
  • 雑草が生い茂り、隣地の農地にまで越境
  • 台風などで、太陽光発電敷地の砕石が側溝にたまる
  • 事前説明なくパネルを設置し、近隣住民の反感を買う


これらの問題に対して、下記のことを事業計画書で伝えられたら成功

  • 未然に防ぐための対策をしていること
  • 今後も対策をしていく意思があること


事業計画書を書くときに

  • 農業委員会がどんなことを心配しているか、
  • その心配を払拭するためにどんな対策や姿勢を示せるか

を想像しながら、事業計画を記載しましょう。


信頼性を高めるには、行動記録と配置図が大事

監督官のイラスト(男性)

トラブル対策について、事業計画書が下記のような内容だと少し弱い。

  • こんなことに気を付けます
  • こんな対策をする予定です


これだと、農業委員会に

意思確認はできるけど、本当に実施してくれるかどうか怪しい

と思われます。


事業計画書に信頼性を持たせるには、

  1. 行動記録
  2. 配置図

を利用するといいです。一つずつ解説します。


行動記録(近隣住民への説明、雨水の調査など)

雨の日に外回りをする男性会社員のイラスト

これから対策することに加えて、

現時点で、トラブル防止のために何かアプローチをした

とあれば印象に残ります。


記載例のように

  • 隣地の所有者へ説明に行った
  • 近隣住民へ、計画について説明文書を送付した

など行動を起こし、その日時や結果を示すと信頼性が高まります。


このほか、雨水を放流する側溝が無く自然浸透の場合

下記のようなアプローチもいいですね。

〇月〇日 大雨が降ったので、その翌朝に申請地を確認

隣地への雨水流出は無く、現時点では浸透桝などの対応は不要であると判断しました。」


排水について真面目に考えている姿勢が伝わります。


配置図(小堤や土側溝を加える)

事業計画書の記載例には、適正な排水処理のため

小堤や土側溝を施すと記載。それを配置図に描きます。


配置図に示すことで、こんな利点が。

  • 具体的に施工をイメージできる
  • 配置場所、幅・高さ/深さを示すことで、より実現性を感じられる


事業計画書は文書で対策を示すのに対し、配置図では視覚的に対策を伝えられる

事業計画書の記載例に示した配置図についても、別記事で掲載したいと思います。


審査が厳しくない申請先は【書き過ぎ注意】

焦って書類を書く会社員のイラスト(男性)

事業計画書の書き方について、下記が重要だとお伝えしました。

  • トラブルを未然に防げることをアピール
  • 信頼性を高めるため、行動記録や配置図を活用


ですが、審査に対する厳しさの程度は、申請先によって違います。

審査が厳しくない農業委員会へ申請するなら、ここで紹介した内容は書かなくて大丈夫

むしろ、行動記録は書かない方がいいです。


その後の審査のハードルが高くなってしまうから


理想的な防止対策完璧な裏付けを用意すれば、もちろん許可は取得できます。

しかし。それにとどまらず、農業委員会側は

こんな事業計画書が毎回出てくればいいな

と思います。


その結果、

(農業委員会)

「これからは、こんな対策行動記録必須とします

という展開に。



そうなると、

次回以降に申請することになる自分も、市内の行政書士たちも

事業計画書に余分な時間を割くことになってしまいます。


事業計画書にどこまで手を掛けるべきかわからないときは

そこそこの状態で提出、様子を見ていくのもアリ。

補正で、付け足しはいくらでもできますので。


スキルや知識を高めることは大切。でも仕事効率化やストレス軽減も図りたい。

やらなくてもいいアプローチは見極めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました