jw_CADで公図写しを作る方法③ 文字入力と色の塗りつぶし、外枠の作成

jw_cad公図③ jw_cad
jw_cad公図③

初めてJw-cadを使う方へ、公図写しの作り方を全3回に渡って解説しています。

今回はラスト第3回。下記の内容を説明します。

  • 公図写しに地番を入れる = 文字を入力する方法
  • 申請地や道路、水路の色塗り = Jw_cad図形の塗りつぶし
  • 公図写しに枠をつける = Jw_cadで四角形を作成


文字を入力する

公図の地番を一つ一つ入力していきます。

文字」をクリックすると、文字入力のバーが出てきます。


地番を入力したあと、カーソルを動かすと、長方形が出てきます。

これは入力した文字を示しているので、文字を配置したい場所へ動かして左クリック

左クリックで、長方形が文字に変わります。



文字の大きさを調整

文字の大きさを変えるには、

左上の [3]W=3 H=3 D=0.5 (数字は異なる場合あり)

表記されたボタンをクリック



文字の大きさを設定する画面が開きます。


数字はポイント(大きさ)を示しています。

  • ポイントを小さくする → 文字も小さく
  • ポイントを大きくする → 文字も大きく


図にうまく収まるよう、バランスを考えて入力します。

※公図なら、すべての筆の地番を公図写し(トレース図)に入力。

農転の公図写しに必要な(文字)情報

申請地と隣地に、下記情報を入力します。(必須情報)

  • 地目
  • 面積
  • 所有者



隣地とは、申請地に接する筆のこと。

※上の図の地番は架空、面積も適当です。



文字入力に関する、便利な機能・設定については、

jw_cad基本操作解説:文字入力について」で解説。

より詳しく、効率化できる情報をまとめています。


色を塗るときの設定

前章の図例、申請地を黄緑で塗ることにします。こんな感じに↓


左側の「/」をクリックした(線を描く)状態で、

上のバー「作図(D)」をクリック → 多角形(T) を選択。


作図(D)」ボタンの下に選択バーが出てきます。その右側、

任意」クリック → 「ソリッド」と「任意色」 にチェックを入れます。




任意と色のついた四角のボタンをクリックすると、色を選択する画面に。

基本色のところで色を選び、さらに右端のバーでトーン(濃さ)を選びます。


色が決まったら「色の追加」クリック→「Ok」クリック。


色の塗りつぶし(ソリッド図形:多角形をつくる)

公図写しの画面に戻り、色付けをしていきます。

塗るときは、塗りたい部分の角を右クリックで拾っていきます

角の拾い方は、三角形または四角形を描くような順番

三点または四点の角をすべて拾ったらEnterキーを押します。


拾った角の形で色が塗られているはずです。


このように、

点を指定していくつか多角形を作り、それをつなげて色塗りを完成させます

道路や水路も指定があれば、同様に塗ります。


外枠をつくる

作成した公図写に外枠を作って、完成させます。こんな感じに↓


外枠は、指定した大きさの四角を描いて作成。

左側バーの「▢」クリック → 上の寸法バーのタテ、ヨコの長さを入力

A4用紙に収まる大きさで、設定します。

数値は原寸大です。自分は上記の大きさにしましたが、数値は自由に設定できます。


指定した大きさの枠が出現するので、カーソルで配置する場所へ動かし左クリック指定


枠よりもはみ出した公図の線は伸縮処理します。


最後に下記の情報を加えます。

  • 枠の内側、上のほうに「公図写」という文字を大きめに配置
  • 余白に縮尺、公図写しの所在(○○市○○字〇〇)、作成者を記載

これで公図写しの完成。


枠の大きさがおかしい?縮尺に注意!

前述したタテ260mm×ヨコ180mmにしたのに、

枠がすごく小っちゃいんだけど?!


こんなときは、縮尺に注意です。 タテ260mm×ヨコ180mm原寸大

その枠を、公図と同じ1 / 500の縮尺にしていませんか


公図と同じレイヤで枠をつくるなら、

1 / 500 に対応した数値に直さなくてはいけません。


自分は縮尺の計算が面倒なので、枠を作るレイヤを分けます

たとえばレイヤグループ⑨を選んで、縮尺をS=1/1に設定。


これで実寸のサイズで枠が作れます。


印刷してみる

完成した公図を印刷するには、ファイルバーから「印刷」選択、

プリンターや印刷範囲を確認して「OK」ボタンを押します。


すると画面上に長方形の枠が出現。この枠が、印刷範囲を示しています


左下に「印刷範囲を確認してください。(L)印刷 (R)変更

という表記があるはず。このとき、

  • 印刷をする範囲がこの枠内でよければ左クリック
  • 枠を動かして印刷範囲を変えたいなら、右クリック


印刷範囲を示す枠のなかに、公図写し全体がうまく収まっているなら

左クリックで、印刷を実行


印刷範囲を示す枠が、公図写しの場所とずれているなら、

右クリックし、公図写し全体が枠内に収まる位置まで動かします

枠の位置が決まったら、左クリックで指定

さらに、もう一度左クリックをすると、印刷が始まります


ここで注意点が一つ。

この印刷範囲を示す枠が表示されている限り

左クリックをする度、印刷されてしまう


もう印刷は必要ない、というときは、「/」(線を描く)ボタンを押して

印刷のセット画面を終了させておきましょう。


印刷した用紙で公図写しを見ると、修正が必要な部分が見えてきます。

  • 伸縮処理ができてない線=はみ出している線
  • 色の塗り残し
  • 文字の大きさのバランスが悪い


必要なところは修正し、再度印刷。良ければ本当に公図写しの完成です。

お疲れ様でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました