土地の一部を併用地にする場合 具体的な事例と申請手順

応用編

農地転用では、申請地に併用地がある場合があります。

併用地とは、転用計画地のなかに含まれる、地目が農地以外の土地のことです。

併用地に関する基本的な内容については、「併用地とは」の記事でまとめています。


今回は、併用地が土地の一部であるときに、

  • どんな事例があるのか
  • どのような対応が必要か、
  • 土地全体を併用地にする場合との違い

などについて解説します。


部分的な併用になるときの具体的な事例について

土地を部分的に使用するということは、分筆をせずに土地の一部を使用するということです。現実的にそれが可能なのは、

  • 親の農地と親の宅地の一部を借りて、子が家を建てる
  • 祖父の農地と祖父の宅地の一部を借りて、孫が事業用地として使う

など、家族内での使用貸借による転用のケースです。


土地を丸ごと借りずに、一部分のみを併用にする理由としては、

  1. すでに宅地として家族が使っている土地なので、余剰部分だけを借りる
  2. 申請地だけでは面積が不足するが、隣接地を全部足すと反対に面積が大きくなりすぎる

などがあります。


※上記2の補足

農地法では、個人住宅敷地への転用は500㎡以下であることが規定されているので、例えば申請地が300㎡ある場合は、併用地として使用できる部分は200㎡以下となります。


土地の一部を併用するときに、まず確認しておくこと

申請の準備に入る前に

  • 農業委員会事務局へ、計画について問題ないこと
  • 併用部分が必要な理由
  • 併用部分の面積

について確認しておきましょう。


転用敷地とその他の土地は分筆をして境界を明確にさせることが基本です。

そのため、分筆をしない併用部分があるというのは、農業委員会側からすると、後にトラブルが起きないか気になる点です。

なので併用部分を使用する理由について、先に伝えて了承してもらうと、申請後がスムーズです。


併用部分を使用する理由づけ

併用部分を使用する理由について、計画者や仲介者に聞いても

  • 特にない
  • 申請地よりもう少し広い方がいいかなと思った

程度だったりします。


農地法の申請では、分筆をせずに併用部分を使用するには、ある程度の理由付けがあったほうが、余計な追及も受けないし心証もいいです。


併用部分を使用する理由のなかで、納得されやすいのは

  • 申請地の前面道路に縁石やガードレールがあり、隣接地の併用部分から進入したい
  • 申請地と前面道路に高低差があり、隣接地の併用部分からしか進入できない
  • 親の介護等のために、隣の敷地に家を建てる計画で、日常的に行き来する予定である
  • 親と近隣に住むために申請地に家を建てる計画だが、申請地だけでは必要面積が足りない

などです。

実際には特に理由がないというケースでも、申請前にそれらしい理由を肉付けしておくことをお勧めします。


併用部分の面積は、実測か、机上計算か

農地法の申請にあたり、

設計元に併用部分の面積を出してください、と言うと、この質問をよく受けます。


実際に測量して、地積測量図を添付できるようなら、実測でも勿論いいです。


ですが、家族の土地を一部借りて使用する、という場合にわざわざ測量を頼むということはあまり現実的にありません。

そのため、机上計算でもOKです。

机上計算で申請する場合、算出根拠である求積表は必須です。


求積図の用意について、設計元から協力を得られない(お願いしても忘れていて、なかなか来ない)場合もあります。

そのようなとき、公図写をjw_cadで作成していると簡単に求積表を作成することができます。求積表の作成手順については、別記事でまとめますので、よかったら参考にしてください。


部分的併用について、図面や申請書に反映させる

配置図は申請地と併用部分をあわせた敷地で作成します。

また、併用する土地と面積について、公図と申請書にも記載が必要です。


公図写について、隣接土地のどの部分を併用するのか、わかるようにしておく必要があります。

併用部分に色付けをし、併用面積を書き入れます。

こんな感じです↓


申請書については、転用計画についての記載欄に「併用地」について記載するところがあります。

そこに「併用地:〇〇番〇(地番)の一部 〇㎡」と記載します。

所要面積欄は、申請地+併用部分の合計面積になります。


まとめ 土地全体を併用地にする場合との違い

今回は併用地がある場合、それも土地の一部について部分的に併用する場合について、具体的な事例と対応策をお伝えしました。

通常の土地全部を併用地にする場合 との違いをまとめると、

  • あらかじめ部分的な併用をしたい理由を準備する
  • 部分的な併用をする計画とその理由について、事前に農業委員会事務局へ伝える
  • 併用部分の面積を求積する
  • 公図写では、併用する土地の併用部分のみ色付けし、併用部分の面積を記載
  • 申請書の転用計画欄には、併用地の情報は「○○(土地の地番)の一部」と記載し、併用部分の面積を記載

となります。


土地を全部併用する場合に比べると、理由付けや併用部分の求積など、多少手間がかかりますが、上記の必要な情報をきちんと書面に落とし込むことができていれば、許可審査が難しくなることはありません。

順番に確実に対応して、実績に繋げてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました