無断転用農地について農地法の申請をするときは

無断転用農地について農地法申請するときは 応用編

農地法の申請依頼を受けて、現地確認したら無断転用農地だった

とか

無断転用について指摘を受けた農地について、農地法申請の依頼がきた

といったことはしばしばあります。


この記事では、

無断転用農地について、農地法申請をするときのポイント

をまとめます。


無断転用の実態や背景などについては

こちら「無断転用とは」の記事でまとめています。


始末書について

無断転用農地について農地法申請をする場合に、

この始末書という書類が追加で必要となります。


この書類の内容は、

  • 無断転用したことに対する反省と謝罪
  • 今後は農地法を遵守していく意思があることの表明

について記されています。


個別に記載するのは、

  • 申請地の所在、地番、地目、面積
  • 無断転用した所有者の氏名
  • 所有者の住所

です。


注意点は、氏名は自書するということです。

委任状などは、記名押印(パソコンで入力した名前の横に押印)も可

ですが、

この始末書については、

所有者が自署したうえに押印(印は認印可)

をすることとなっています。


自署としているのは、証明能力や法的効力が高いという理由だけでなく

  • 法令に違反している、という事実に対する自覚
  • 今後の法令遵守についての認識

をより確実にするために、書類に重みをもたせているのだと考察します。


農地法申請に関する押印書類のほとんどは、記名押印で済むため

書類作成時は氏名まで入力する癖がついている人も多いと思いますが

始末書だけは氏名を未入力の状態で印刷し、

自署が必要であることを本人または仲介者に必ず伝えましょう。


資力証明と資金調達の計画

無断転用農地の申請は、2つのパターンがあります。

  1. 無断転用している現状について、法的に許可を得る
  2. 無断転用している現状から、別の状態へ転用する計画があり、新しい転用計画について農地法許可を得る


先に2の場合について述べると、

新しい計画については未着手なので、

その計画に必要な資金計画と資力証明を用意することになります。

つまり、通常の申請と変わりありません。


1の現状について許可申請をする場合は、
通常の申請と異なるところがあります。


それは、

既に転用は済んでいるため、計画を実行するためのお金はもう必要ない
という状態にあることです。


もう整地をして倉庫も建ててしまっているような状態について

是正措置として許可をとる、というような場合、

本来は資力を証明する必要はありません。


しかし、農地法では

許可を得ないと転用できない、という前提のもとに申請があるため

「既に転用済みのため資力は不要」

などという記載は想定されていません。


あくまでも転用前の(通常の)申請と同様、

これから実行していく設定で、

相当の資金計画と、それを証明する書類を添付しなければなりません。


申請のためだけに借入を起こすのは難しいため、
無断転用のときの資力を証明する書類は
残高証明書または通帳の写し
を提出するのが一般的です。


そして、申請書様式二号の資金調達の計画については、
用意した資金証明書類の額で収まるように設定します。


既に実行済みの計画についての資金計画と資力証明を準備なんて

違和感があると思いますが、自分の申請案件を振り返ると、

この2つは書類形式上、揃っていれば厳しい追及はない

というのが経験上の感覚です。


過去の案件で

無断転用により倉庫が建っている農地について、転用申請をした際

用意された通帳の写しの残高が20万円だったときがありました。

やむを得ず

  • 整地費用 10万円
  • 倉庫建築費用 10万円

という資金計画で申請しましたが、

特に問題にならずに許可を受けることができました。


市町村によっては、整合性に厳しいところもあるかもしれませんので、

金額に不安のある場合は、相談したほうがいいと思いますが、

申請の目的が「無断転用の是正」である以上、

不必要な資金額について追及することは

農業委員会としても得策ではないので、

現在用意できる範囲内で対応してもらえるよう、

働きかけることが申請人のためになります。


代理申請者としてできること

代理申請者は、

依頼人(申請者)から依頼・報酬を受けているため

依頼人(申請者)の利益を優先的に考える必要があります。


たとえ無断転用が法律違反行為であるにしても、

行政に対してなるべく心証を損ねることのないように取り次ぐこと

を自分は心掛けていました。


担当した無断転用の案件について

農業委員会での事前相談や申請時に、指摘を受けた際は

  • 申請人に認識が足りなかったことが原因で、故意ではないこと
  • 申し訳なく思っていること

を必ず伝えていました。

(たとえ現実がそうでなかったとしても、です...)


「無断転用とは」の記事の最後のほうでも書きましたが

  • 法令遵守を指導する行政側と
  • それができなかった違反者の事情

両方の考え方を知ったうえで、折り合うところを見つけていく

その調整役こそが、代理申請者に求められていることだと思います。


お互いの主張に耳を傾けて理解を示したうえで

クッション材のように、間に入ることで衝突を避け

スムーズに許可を受けられるようにすることは

代理申請者の大事な役割です。


時には、

代理申請者として行政に強く咎められて、

代わりに何度も「すみません」と言いながら嫌な気持ちになったりして

その一方で無断転用者は「面倒事に協力してやっている」というスタンスで

なんだかな・・・と思ってしまうときも正直あります。


ですが無断転用者としても、

違反者という扱いを受け、

決して少なくはない報酬を支払うことになっているので

いい気分で依頼できないのは仕方ないところです。


代理申請者って辛い役回りだなと思うときこそ、

当人の立場を考えてみると、気持ちの転換ができたりします。

そうやって、一つ案件を乗り越えていく度、

申請に関する技術だけでなく

視野が広がったり、人間的な成長をしているはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました