【MOS試験対策】合格するまで実践した試験対策・勉強法

MOS試験対策 スキル・知識・資格

これからMOS試験を受験される方へ、

合格のために、自分が取り組んだ勉強法を紹介します。

参考になれば幸いです。


※2020年10月18日開催、全国一斉試験を受験しました。

  • スペシャリスト Word2016(981点)
  • スペシャリスト Excel2016(980点)

(試験結果レポートは「MOS試験 受けてみた」の記事で画像公開しています。)



試験対策として取り組んだ3つのこと

パソコンのキーボードを打っているイラスト

自分がMOS試験対策として取り組んだのはこの3つ。

  1. パソコン講座を受講(ハローワークの職業訓練)
  2. 問題集&模擬試験を使った演習
  3. 苦手な部分はテキストを読みつつ、問題を重点的に解く


ある程度のパソコン技能がある方は、1のパソコン講座は不要でしょう

2の問題演習と3の復習を取り組めば十分。


どんな問題集がいいのか、自分が使用したテキストを紹介しています。

【MOS試験対策】おすすめテキスト・問題集を紹介


パソコン講座を受けた方がいい人とは

パソコン教室のイラスト(女性)

パソコン技能に自信がない、

問題集を読むだけでは理解できるか不安...

という方には、1のパソコン講座の受講をおすすめします。


MOS試験合格に向けた効率的な授業カリキュラムが組まれ、

わからないところは個別に質問できます。


MOS試験の申し込み方法からサポートしてくれますし、

試験対策について、たくさんの情報をもっていますので心強いです。


【独学か、講座を受けるか?】迷っている方へ

立ち読みのイラスト

自分の実力がわからず、講座を受けるべきか迷っている...

という方は、まず本屋へ行って、MOS試験対策の問題集を立ち読みしてみてください。


問題を見て、どんな手順でパソコンを操作すればいいか、

頭に浮かぶ人は独学で大丈夫。


わからない問題がいくつかあっても、解答をみてこうやればいいんだ!

と理解できる方も、独学でもいけると思います。

(わからないところが無くなるまで演習をしっかりやれば、

という条件付きです。)


問題の意味すらよくわからない...

解答を読んでも理解できないところが多い、と思われた方は

講座を受けることも検討してみてください。


MOS試験は年に何回も実施されています。

合格を急いでいないなら、まず独学で始めてみるのがいいでしょう。


【時間がない方へ】5日前でもこれならできる!効率的な対策

後ろから見たパソコンを使う人のイラスト(男性)

とにかく時間がない!という方は

模擬試験の演習だけ、集中して取り組んでみてください。


自分が実践した対策のなかで、

合格するための即戦力が一番身についたのは、この模擬演習

自分が使用していたFom出版のテキスト&問題集だと、

模擬試験が5回分あります。



1回目の模擬試験は点数が良くないと思います。でも大丈夫です。

だんだん、操作手順のコツをつかみ、復習した知識も身についていくので。


MOS試験の制限時間が50分なので、その時間内に解き終わる内容になっています。

たとえ本番の1週間前、という状況でも、

1日50分で1回分の演習、間違えたところを復習するだけなら

5日で模擬演習は終えられるはず。


効果的な復習方法

付箋の貼られた本のイラスト(横書き)

まず模擬試験の正しい操作手順解答動画で確認し、もう一度解いてみる

さらに余裕があれば、テキストを読み、練習問題をやってみる。


時間に余裕があれば、模擬試験を何度かやってみてください。

人によって、第1回~5回の模擬試験のなかで

難しいと感じる回、点数が低い回がそれぞれ違います。

最後は苦手な問題に時間を使ってください。


勉強のとき、意識して取り組むこと

カフェで仕事・勉強をしている女性のイラスト

勉強法をするときに、次のことを意識するとより効果的です。

  1. 正解になる操作手順を覚える
  2. 時間配分を意識
  3. 可能なら複数のパソコンで演習してみる


1のプロセスについて、

操作方法が複数ある場合

結果は同じでも

正解になる操作方法と、不正解になる操作方法があります

模擬問題を解くことで、この意味がわかるはず。

具体的には、【MOS試験対策】おすすめテキスト・問題集を紹介

で解説しています。


時間配分について

ストップウォッチのイラスト

試験時間である50分以内に、全問を解けるよう意識して演習しましょう。


問題は5~7つのプロジェクト(=ファイル)で構成、

さらに1つのプロジェクトに4~7タスクの問題があります。


見直しの時間を10分程度確保するためには、

各プロジェクトを6~8分程度で解答したいところ。


模擬試験の演習でも、そうした時間配分を意識して解くようにすると

本番、時間が足りなくて慌てる、という心配がありません。


複数のパソコンで演習すべき理由

いろいろな角度から見たノートパソコンのイラスト

ふだん使い込んでいるパソコンで演習していると、

試験会場のパソコンの仕様が違ったときに、動揺するかもしれません。


自分が一番違うと感じたのは

それぞれのタブ(ホームタブ、挿入タブなど)リボン(各ボタンの配置)です。


詳しくは「MOS試験 受験レポート」の記事で解説しています。


また、ふだん自分が使用していたのはノートパソコンで、

試験会場のパソコンはデスクトップ。

試験問題の画面表示も印象が違いました。


パソコン演習はネットカフェのビジネス席を活用しよう

ネットカフェのイラスト

色々なタイプのパソコンで演習できれば理想ですが

複数のパソコンを所有されている方は少ないと思います。


他のタイプのパソコンでも演習しておきたい方には、

ネットカフェのビジネス席がお勧め。


ただ、模擬演習用CD-ROMの読み取り許可していないネットカフェもあるので、

事前にご確認ください


自分はコローレを利用しました。

コローレでは、取り込んだデータは電源を切るときにすべて削除されるため

使用可能とのこと。


そこまでの対策は面倒、という方は対策不要です。

試験会場のパソコンと、ふだんのパソコンでは違うところがある

と知っているだけでも、気持ちに余裕が持てるはず。


本番に良い結果が出せるように、体調を万全に、試験対策頑張ってくださいね。


自分が経験した、MOS試験当日の様子や感想をまとめています。

MOS試験 受験レポート


コメント

タイトルとURLをコピーしました