応用編

応用編

「申請上は建売、実態は宅地分譲」のカラクリ

用途地域の指定が無い区域では、宅地分譲として農地を転用することはできないはず。しかし事業者は「建売分譲」で許可を受け、実際の売買は宅地分譲というやり方をしています。なぜそれが可能なのかについて解説しています。
応用編

【宅地分譲か、建売分譲か?】申請上、選べない農地も

宅地分譲ができる農地と、建売でないと転用できない農地があります。その判定基準や趣旨、申請上の違いや事業者負担についてまとめています。近年、取り扱いが一部変更となった建物条件付売買の特例措置についても触れています。
応用編

【計画変更申請】許可済みなのに再度、農地法申請が必要?

農地法の計画変更申請とは何か、概要を解説します。対象となるケースや申請の種類、期間や費用についてまとめました。
応用編

太陽光発電の農地転用についての【必要書類】

農地法申請では、太陽光発電に限って、独自に必要となる書類があります。その必要書類一覧と各書類についての解説をしています。また、必要書類がこんなに多くなってしまった理由も記載しています。
応用編

事業用駐車場への転用、必要性に説得力を持たせる理由の作り方

事業用駐車場の目的で転用する場合、審査は厳しくなる傾向にあり追及を受ける可能性もあります。農業委員会が納得するような、転用の必要性や理由を考える必要があります。どのように転用計画に説得力を持たせるか、について自分の実体験から2つ、紹介します。
応用編

申請書類のなかで、委任状を一番先に作成すべき理由

自分が委任状を最初に作成している理由について、委任状の手配~回収までの流れや、仲介業者との関係性も含めて解説しています。押印書類の回収について効率化を図りたい人に向けて参考になればと思い、このテーマを取り上げました。
応用編

【事業用駐車場敷地への転用】審査が厳しい理由と背景

事業用駐車場の厳格な審査とは具体的にどんな追及があるのか、なぜ、必要性についてそこまで厳しい審査をするのかについてまとめています。 また厳しい審査をクリアするためにできることとして、自分がしてきたアプローチも紹介しています。
応用編

【一時転用とは】 特徴や通常申請との違い

農地を一時的に使用し、使用期間が過ぎたら返却する場合、一時転用と言われる申請・許可が適用されます。一時転用の特徴や通常申請との違い、一時転用が適用される具体的なケースについて分かりやすくまとめました。
応用編

現況を知るためにグーグルアースを活用しよう

農地法申請の申請地について、必要な情報のなかに現況の様子があります。周囲の状況や排水先など、地図では確認できない細部についても、グーグルアースで確認することができます。、グーグルアースの便利な機能や使い方、注意点についてまとめました。
応用編

土地の一部を併用地にする場合 具体的な事例と申請手順

農地転用では、申請地に併用地がある場合があります。 併用地とは、転用計画地のなかに含まれる、地目が農地以外の土地のことです。 併用地に関する基本的な内容については、「併用地とは」の記事でまとめています。 今回は、...
タイトルとURLをコピーしました